• 文字サイズ
  • ↑大きく
  • ↓小さく

痙性斜頸(けいせいしゃけい)

自分の意思とは無関係に首が曲がったり、傾いたりして元に戻らない。
戻そうとすると首や肩に痛みを感じることがある。
自然に治る病気ではありません。一人で悩まずに専門医に診てもらいましょう。

編集協力:国立大学法人徳島大学 医歯薬学研究部 特命教授/独立行政法人国立病院機構 宇夛野病院 院長 梶 龍兒 先生

痙性斜頸(けいせいしゃけい)って
どんな病気ですか

首や肩の筋肉が、
意思とは関係なく収縮します。
首や肩は多数の筋肉が重なりあっており、それぞれが頭部の動きに深く関係しています。
痙性斜頸(けいせいしゃけい)は、それらの筋肉が自分の意思に関係なく収縮し、頭、首、肩などが不自然な姿勢を示します。
自分で動かそうとすると動かしづらかったり、痛みを感じたり、違和感などの症状もある病気です。
痙性斜頸(けいせいしゃけい)の症状は下のイラストに示したように多岐にわたり、多くはこれらのうちのいくつかを合併します。
また、脳性麻痺などの合併症や後遺症、向精神薬などの薬物を使用することによって起こる痙性斜頸(けいせいしゃけい)もあります。

痙性斜頸(けいせいしゃけい)の症状

  • 頭が横に倒れるのイラスト

    頭が横に倒れる

  • 下あごが突き出るのイラスト

    下あごが突き出る

  • 頭が前に倒れるのイラスト

    頭が前に倒れる

  • 頭が後ろに倒れるのイラスト

    頭が後ろに倒れる

  • 頭が横を向くのイラスト

    頭が横を向く

  • 背中が曲がるのイラスト

    背中が曲がる

  • 肩が上がるのイラスト

    肩が上がる

  • 頭がかなり大きく振れるのイラスト

    頭がかなり大きく振れる

上のイラストに示したように、人によって不自然な姿勢は違います。また、ひとつの症状だけではなく、さまざまな症状が組み合わさった形で現れることがあります。

痙性斜頸に関する詳細はこちら

痙性斜頸の診察や治療を行っている病医院*を紹介しています。
現在、治療を受けている方は、まず主治医にご相談ください。
*「病医院」とは、病院および医院(クリニック、診療所)のことです

病医院検索は株式会社ゼンリンデータコムが運営するサイトになります。
リンク先は、グラクソ・スミスクライン株式会社が運営するサイトではありません。

close